おいでよ、商業用不動産 x Vertical SaaS

【 プロフィール 】 勝田 良介(かつた りょうすけ) 2011年にリクルート (住まい領域) 入社。11年間、一貫して住まい領域にて UX デザイン、商品企画、事業開発、プロダクトグロース、B2B SaaS プロダクトの新規立ち上げ、組織マネジメントなどを経験。 22…

ゆれるデザインエンジニアの輪郭

こんにちは、estie デザインエンジニアの@hikrrrです。 近ごろは “デザインエンジニア” についてのトピック・議論をTwitterなどで観測することが増え、過渡期だな〜と楽しい気分になります。その役割の厳格な定義づけはさておき、そこにデザインとエンジニア…

AWS Lambdaはプログラム全体ではなく、ハンドラの関数を実行する

Q. Lambdaって、毎回.pyを実行するんじゃないの? A. ハンドラの「関数」を実行する メッセージそれぞれに対して print("message: ", message["text"], message["ts"], time.time() - float(message["ts"])) と時間差を取得してみても、正しい時間差が取れて…

デザイナーが Expo + Firebase でアプリ開発してみた

estie の @hikrrr です。 Expo と Firebase を使って、社内向けのモバイルアプリ & Web アプリをつくってみました。ほかの業務と並行し、かかった期間は 1.5 ヶ月ほどです。リリースして 2 ヶ月が経ち、イケてない点の改修もコツコツ進んできたのでブログに…

AWS Lambdaに自作プログラムをアップロード(再)

一つ上のディレクトリに戻ってzipを作ります。 cd ../ zip -r9 layer.zip python そしてそのzipファイルを、lambdaのレイヤーに登録し、 実行できているのかを細かく確認するために、kanehosi_tukeai.pyを import ipadic import jaconv import MeCab import …

AWS Lambdaと同じ環境でLambdaのレイヤーを作る方法2

Q. Dockerに入れたみたいだけど、何するんだっけ? A. pip install 今度は、 cd var/app/tmp を実行し、ここで mkdir python としてみます。 mkdir: cannot create directory 'python': Not a directory エラーメッセージですね。検索しましょう。「cannot c…

Lambdaと同じ環境でLambdaのレイヤーを作る方法1

Q. インストールしたのに、なぜimportできないの? A. インストールした環境が、Lambdaと違うから インストールしたはずなのに…と思いながらもエラーメッセージが出たので検索します。「Unable to import module」で検索すると、Python Lambda 関数の「モジ…

AWS Lambda に50MB以上のレイヤーがアップロードできない場合の一つの対処法

前の記事までで Slackからメッセージを取得する 文が五・七・五かを判定する Slackにメッセージを送信する 定期的に行動(処理)を実行する 全てが可能になりました。必要そうな能力は全て手に入れたはずです。この記事では、それらを組み合わせます。 後は…

AWS Lambdaの定期実行

前の記事で、AWS Lambdaで自作コードを実行するための手順がわかりました。この記事では、Lambda関数を定期実行します。 Q. Lambdaに乗せた関数を、定期的に実行するにはどうすればいいの? A. トリガーにCloudWatch Eventsを設定しよう 【Slack自動保存】サ…

AWS Lambdaでunable to import module no module named 'requests'

Q. requestsはどうやってimportするの? A. importしたpythonディレクトリをzipでレイヤーに追加しよう 今回はrequestsがimportできていなさそうです。多少Pythonをやっていればpip install requestsとかpipenv install requestsとかすれば良いと思うかも知…

みんなで価値創造に夢中になれる会社になりたい(なる)

これまでのキャリア 1社目 スタートアップで突然人事キャリアがスタート。戦略と人事制度の連動を体感 2社目 メーカーで伝統的な労務管理を通じて人事観が発芽した 3社目 リクルートで「個をあるがままに生かす」を体感し人事観が磨かれた なぜestieなのか ①…

AWS LambdaでUnable to import module ‘lambda function’: No module named ‘lambda_function’

前の記事で、Lambdaに自作プログラムをアップロードしたらエラーが出ました。この記事では、そのエラーを解決します Q. Unable to import module ‘lambda function’: No module named ‘lambda_function’って出たんですが… A. ハンドラを設定しよう エラーメ…

AWS LambdaへPythonコードをアップロード

前の記事で、AWS Lambdaで関数が実行できました。この記事では、自作プログラムをLambdaで実行しようとします。 ところで… Q. これ無料ですか?(もしかして手遅れですか?) A. 無料ではないけどめっちゃ安い そして、どのくらい時間とメモリを使ったのかも…

Rust、何もわからない... #4を開催しました

エンジニアの松本です。Rust、何もわからない... #4 (2022/10/06 19:00〜) を開催いたしました。 今回は株式会社エモーションテックから門田見 侑大さんにご登壇いただき、estieからは私とhige_yy (@kia5n_y2_mud) / Twitterが登壇しました。 それぞれのスラ…

AWS LambdaでPython実行

前の記事までで、プログラムに必要な部品は完成しました。この記事から、プログラムを定期的に実行します。 Q. 定期的にPythonプログラムを実行するには何を使えばいい? A. 例えばPythonファイルをAWS Lambdaに置いて… Q. AWS Lambdaって何? A. サーバーの…

Pythonで、Slackに投稿する方法

「これをSlackのメッセージの取得の次にやれよ!」という声が聞こえてきそうですが、ゆったりあちこちに手を出します。何をどういう順でやると良いのかも、慣れているから分かる問題です。分からなくても順番にやれば(手戻りが発生して時間はかかるかもしれ…

MeCabを使った575判定

前の記事で、形態素解析器を使って、日本語から読みを取得できるようになりました。この記事では、その読みが575かどうかを判定できるようにコードを書きます。 Q. 575判定はどうすればいい? A. 音を数えて、文節の区切れと575が一致するかを見よう 前回の…

Pythonを使った、形態素解析器での読みの取得

この記事から、能力2「文が五・七・五かを判定する」の獲得を目指します。 Q. 漢字の読みはどうやって見つけるの? A. 形態素解析器(例えばMeCab)を使うと見つけられる 松尾芭蕉の有名な「古池や蛙飛び込む水の音」を575だと判定するのは、大人の日本人に…

1分以内のSlackメッセージの取得

前の記事で、Slackのメッセージの取得できました。毎分動かそうと思うので、2分以上前のメッセージは必要ありません。そこで、この記事では1分以内のメッセージのみに絞って取得します。 Q. 毎分動かすけど、1分以内のメッセージだけにできない? A. oldest…

Pythonを使った、Slackからのメッセージ取得3/3

前の記事で、Slackのメッセージのtokenを手に入れました。この記事では、Slackのメッセージの取得に必要なもう一つの引数である、channelを手に入れ、Slackからメッセージを取得します。 Q. さっきのプログラムにtokenを貼ったら動く? A. まだ。チャンネル…

Pythonを使った、Slackからのメッセージ取得2/3

前の記事で、Slackのメッセージの取得コードの概形ができました。この記事では、Slackのメッセージの取得に必要なtokenを手に入れます。 Q. tokenはどうすれば手に入る? A. appを作るとOAuth Tokens for Your Workspaceにある やっとArgument(引数)まで来…

Pythonを使った、Slackからのメッセージ取得1/3

前の記事では、タスクを分解し、まずSlackからメッセージを取得する必要があることが分かりました。 この記事からは、Slackからメッセージを取得するのを目指します。 能力の獲得 能力1: Slackからメッセージを取得する Q. Slackのメッセージを取得するには…

AWS Lambdaで形態素解析するためのタスク分割

お久しぶりです。AWS Lambda で形態素解析〜句を詠めば鐘が鳴るなりスッコココ〜 - estie inside blogの著者です。前回の記事では、必要な作業を簡潔に述べました。このようなブログをよく見ます。便利で読みやすく、必要な内容が詰まっています。多くの人が…

estieに入社して2ヶ月が経ちました

初めまして8月にestieへSWEとして入社しました菱木と申します! 入社してはや2ヶ月半が経ちました。業務にも慣れてきたタイミングで入社エントリを書いています。 【 プロフィール 】 菱木 彰俊(ひしき あきとし) 1995年神奈川県出身。名古屋大学工学部電…

第二子の育休で学んだこと

プログラミングはじめました こんにちは、estieで取締役CTOを務めるNari(@iw_tatsu)です! 6月に次男が誕生し、育児のための休暇(育休ではなく育業ですかね?)を取りました!今回はそれに関する記事になります! これを読んだ方、男女を問わず育休取得を…

転職して一年経って

こんにちは! 一年ほど前にジョインしたestie 橋爪です。 入社時にこちらの入社エントリー記事を出しましたが、既に社員が50人を超えているので(自分は#23)、既に社員の半分よりはestie歴が長いです。 「転職して実際どうなの?」と最近聞かれることも多い…

行ってよかった?RubyKaigi 2022に参加したメンバーに教えてもらった

エンジニアの松本です。RubyKaigi 2022に参加したメンバーにRubyKaigiの様子を教えてもらいました。 メンバー 一言 eririn 今回のRubyKaigiはスタッフとして参加した。 toku Ruby歴は社会人になってから数年。学生時代はLLVMとか少し触っていた。RubyKaigi 2…

estieをワールドクラスの会社にする覚悟

はじめまして、2022年10月にestieのCFOに就任した上田と申します。投資銀行・投資ファンドを経て2022年9月にestieに入社しました。ここでは自己紹介を兼ねてこれまでの経歴と、estieへの参画を決めた理由、そしてこれからの取り組みについて書きたいと思いま…

データサイエンティストとオフィス不動産の出会い

はじめまして。estieでデータサイエンティストをやっている馬場と申します。いくつかのスタートアップを経て2022年7月に入社しました。 これから自己紹介をしつつ何故estieに入ったのか、どういうことをやっていくのかをご紹介したいと思っています。お付き…

業界もキャリアも、これからがこれまでを決めていく

前職とestie これまでのキャリアと代表平井との出会い 前職はシービーアールイー株式会社という仲介会社で、オフィス仲介の営業部とビジネスデベロップメント部を経験し、現場営業からWebマーケティング、組織運営まで幅広く携わらせていただきました。新卒…

© 2019- estie, inc.