オフィスエントランスの効果的なデザイン紹介【楽天など具体的事例5選】

  • 2021/02/27

目次

  1. エントランスに必要な最低限の機能
  2. オフィスエントランスの効果的デザイン方法
  3. オフィスエントランス具体例5社
  4. 最後に

エントランスといえば、ご来訪の方が、オフィス内で一番初めに訪れ、目にする場所であり、全てのオフィスに備わった機能として重要な場所となっています。

例えば、家であれば、玄関を想像してください。脱いだままの靴で散らかっている玄関と、靴は棚に収納され、更には新鮮な花が飾られている玄関とでは、その家に住む人への印象も大きく違います。他にも、人の第一印象は約15秒で判断され、見た目が55%を占めると言われています。オフィスも同様で、エントランスから入ってオフィスの雰囲気、社員の働いている姿、受付の対応などで会社のイメージは大きく変わっていきます。

よって、多くの会社はエントランスに、それぞれの想いをのせてデザインをすることが多いのです。

今回は、そんなオフィスへの効果的なデザインの取り入れ方や、活用方法をお伝えしたいと思います。

エントランスに必要な最低限の機能

エントランス最低限機能

最低限の機能としては、受付を呼び出す呼び鈴か、電話が設置されていることです。 ベンチャー企業などはワークスペースとエントランス機能を分けることは難しいので、気にする必要はありません。

一方、大企業のオフィスなどはワークスペースとの堺がわかるようなレイアウト、受付担当が座っているような有人受付を構えるオフィス、ホテルのエントランスのようにデザインが施されたエントランスを構えるオフィスもあります。

オフィスのサイズ、会社の規模感などに合わせて、エントランスに必要な最低限の機能を選択していきましょう。

オフィスエントランスの効果的デザイン方法

オフィスのエントランスは来訪されるお客様に自社の企業イメージを伝える役割はもちろんですが、社員に対しても帰属意識とモチベーションを高める役割を果たしています。そのため、来訪客が気持ちよく快適な空間作りに加え、働いている社員がモチベーションを高めるような空間作りを意識することも必要となります。

1.コーポレートカラーを一面に設ける

コーポレートカラー

エントランスの大部分の壁や床が青い場合、その空間は、「クール」「清潔」「知的」「冷静」「IT」などの「青」が与えるイメージを持ちます。

コーポレートカラーを選定する際は、そうした色のイメージも大切にしているはずです。

そのため、コーポレートカラーをエントランスに施すことで、その色の持つイメージも空間に与えることができます。更に、その色がイメージカラーであるということを来訪者に感じてもらうだけでなく、社員がコーポレートカラーを意識するきっかけにもつながります。

コーポレートカラーについて紹介している記事についても是非ご一読ください。

コーポレートカラーについて|色によって違うコーポレートカラーの印象11選

コーポレートアイデンティティの一要素であるコーポレートカラーは企業理念を顧客に強く印象付けるために欠かせません。それぞれの色が持つ印象の違いをご紹介しています。また、コーポレートカラーを決める際のポイントを6つにまとめました。

2.企業理念や企業マインドを打ち出す

多くの会社には、社訓、企業理念、コンセプト、スローガン、等、それぞれの想いの強い言葉があると思います。来訪者が待機される場で、自社の顔でもあるエントランスに、社風や企業文化、目指す方向などを表現することは、自社の想いをしっかり届けることができ、ブランド価値を効果的にアピールすることができます。表現の方法も、壁紙にメッセージを出力して壁に貼ることもできますし、アーティストが壁一面の描くことも可能です。最近ではデジタルサイネージを設置し動画で表現する会社も多く見られます。

3.エントランスとワークスペースを融合させる

オフィスとワークスペース

ワークスペース内の自席でのみ仕事をするのではなく、働く人がその仕事に合わせて働く場所を選ぶ「Activity Based Working (ABW)」という働き方が提唱されるようになりました。その影響もあって、エントランスを広く構え、サードプレイスとしての機能も合わせ持つケースも多くなりました。サードプレイスとは、オフィスでも自宅でもなく、心地の良い第三の場所のことをいい、カフェなどもその1つと言われています。

オープンな空間内にエントランスを設け、オープンなワークスペースやリフレッシュスペース、あるいは、セミナースペースとしての機能も兼ねることがあります。セキュリティーの観点から、オープンな空間の横にシンプルなエントランスを別途設ける場合もあります。

オフィスエントランス具体例5社

それではオフィスのエントランスではどんなデザインが施されているのかを実際の企業を例に見ていきましょう!

バンダイナムコエンターテイメント株式会社

ナムコエンターテイメント1

引用:https://www.bandainamcoent.co.jp/job/2022/company/gallery.php

白を基調としたオフィスエントランスですね。花がたくさんあり、気持ちが落ち着きますね。

ナムコエンターテイメント2

引用:https://www.bandainamcoent.co.jp/job/2022/company/gallery.php

話し合いもできるように、エントランス部分にもワークスペースが用意されています。

また、エンターテイメント会社らしく、色々な場所に遊びごごろが見られることが特徴ですね。

ナムコエンターテイメント3

引用:https://www.bandainamcoent.co.jp/job/2022/company/gallery.php

楽天株式会社

rakuten1

引用:https://corp.rakuten.co.jp/about/map/crimsonhouse/

ロゴが大きく、楽天の会社に来たことが分かりますね。

rakuten2

引用:https://corp.rakuten.co.jp/about/map/crimsonhouse/

色は楽天のロゴの赤色、茶色や緑を基調として落ち着く雰囲気となっています。開放感を感じられる空間となっています。

rakuten3

引用:https://corp.rakuten.co.jp/about/map/crimsonhouse/

じげん株式会社

jigen

引用:https://news.zigexn.co.jp/news/info/201702133194

緑と茶色を基調としたエントランスで、入った瞬間に書道家の武田双雲さんの書道作品が飛び込んできます。

非常に特徴的で心に残るエントランスになっています。

jigen

引用:https://news.zigexn.co.jp/news/info/201702133194

株式会社シグマシクス

シグマシクス オフィス エントランス事例

引用:https://www.sigmaxyz.com/career/workstyle/

プロジェクターで映されている自然の風景が来訪客を迎え入れてくれます。

シグマシクス2

引用:https://www.sigmaxyz.com/career/workstyle/

滑らかな湾曲したエントランスが来訪客の足を自然と導いてくれます。

シグマシクス2

引用:https://www.sigmaxyz.com/career/workstyle/

ユナイテッド株式会社

ユナイテッド

引用:https://united.jp/recruit/workenvironment/

カフェのようなおしゃれなスペースが提供されており、ゆったりしたくなる空間がつくりだされています。


最後に

使い方を限定しないことで、短時間の打合せや、急なお客様の来訪にも対応でき、その気軽さゆえ、社内外問わず人が集まる空間となります。その結果、偶発的なコミュニケーションやイノベーションの創出にも繋がり、自社の働き方を変える「きっかけ」にもなることもあるでしょう。

このように、ひとくちにエントランスと言っても、様々な狙いを施すことができ、会社の受付・出入口ということだけで済ますには、勿体ないと思いますよね。

規模や業態を問わず、ちょっとした工夫で、より多くの効果を期待できるような場所にしたいと思いませんか。

デザイナーズオフィスの作り方 賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう
デザイナーズオフィスの作り方 賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう

東京23区から探す

新着記事

72,247 物件掲載中!

オフィス探しを始める (無料)