霞ヶ関キャピタル株式会社 事例紹介

  • 事例紹介
  • 千代田区
  • 2020/07/05
図1


物件探しを行われた経緯を教えてください

事業の1つとして、ホテル開発を行っております。ホテルのレイアウトや設備の標準化を行うために、モデルルームを作るために場所を探していました。


物件探し当初はestieをご利用されていないとのことでした。初めはどのように物件を探されましたか?

オーナーに直接問い合わせを行ったり、仲介会社のサイトで検索をしたり、付き合いのある不動産仲介会社に連絡をしたりメンバーそれぞれの方法で物件探しをしていました。 ただ、それぞれが動いていたので、足並みが揃わず大変でした。特に、不動産仲介会社によって、担当者の力量が違うので条件等を揃えることに骨が折れました。

estieを利用されたきっかけは何でしたか?

メンバーの前職同僚が会社を辞めて、estieを作ったと聞いたので試しに使ってみたのがきっかけです。元々大手デベロッパー出身ということで信頼感がありました。

estieを使ってみていかがでしたか?

いい仲介エージェントと巡り会うことができました。また、仲介会社の足並みを揃えるのに苦労していたので、それをサイト内でソートできるのは助かりましたね。

物件を探す際のこだわりはありましたか?

ホテルの部屋に2段ベッドを入れるため、天井高の高い物件に絞って探していました。開発を検討しているお部屋には2段ベッドを入れるため、天井高3m弱ないと滞在中圧迫感を感じさせてしまうと考えているので、ここは妥協できませんでした。ただ、費用とのバランスもあるので、原状回復費用の高いB工事なしでなるべく進められるものを探しました。 また、ホテルスタッフのロールプレイングや、ホテル開発の打ち合わせのために、本社の人間が往来することも多いので23区内のなるべく利便性の高いところで探したいということもありました。

御社のホテル事業についてももう少し詳しくお伺いさせてください。

インバウンドや国内グループ旅行の観光需要に対応する、4〜6名で宿泊できるアパートメントホテルを開発しています。アパートメントホテルとは、4人以上がゆったり泊まることができるホテルで、長期滞在する方に向けキッチン、洗濯機などを設置したホテルのことを言っています。 日本にはグループ旅行をする人が多いにも関わらず、3人以上で泊まれるホテルが多くありません。下記円グラフのギャップを見ていただくと分かるとおり、約37万室が足りていない状況です。

IR1

ターゲットは若い世代のグループやファミリーで来ている方を想定しています。そのため、一人当たりの宿泊料が安く抑えられる比較的安価なホテルの開発を行っております。モデルルームを使用して、限られたスペースでいかに快適に過ごしていただけるかを検討しています。

IR2

モデルルームはどう活用される予定でしょうか?

建築企画がレイアウトの開発検討を行うために建設を考えていました。

ただ、モデルルーム建設検討を進めるにつれ、開発だけではなくそのほかの部署も活用できることがわかりました。

部屋の開発を行う際に家具の大きさや機能性を体感的にも試すことができますし、実際に泊まった場合の顧客導線の検証や清掃導線、その際に使用する備品資材の検証を行うことも可能です。

図面や3Dでの検討だけでは分からないことをより精度高く検討できるようになりました。 清掃のロールプレイングにも使えるので、教育の面でも役に立ちそうだと考えています。また、外部の方や投資家にも都内という立地だからこそ気軽に見学してもらえるというメリットもあります。

今回物件を2つご契約されましたが、なぜ2つ作られたのでしょうか?

あくまでモデルルームということなので、作っては壊し作っては壊しができるようにしたかったためです。35㎡と23㎡サイズの部屋を両方見比べたいという思いがあったので、2つの物件で探しました。両方を運用してより良いホテルを作り上げたいと考えています。

最後に今後どのようなサービス展開を予定されているか教えてください

北海道から沖縄まで約30棟、トータルで約800室の開発プロジェクトが進行中です。「観光立国」「地域創生」というキーワードのもと、今後も47都道府県すべてを開発対象として観光向けのホテルを創っていきたいと考えています。 本日はインタビューにご協力いただきありがとうございました!

お客様情報

会社名:霞ヶ関キャピタル株式会社

代表取締役:河本幸士郎

所在地:千代田区霞ヶ関三丁目2番1号

資本金:3,077,643,200円(資本準備金含む)


https://kasumigaseki.co.jp/

おすすめ物件

もっと見る

最新の成約事例