豊島区のオフィス事情5選|賃貸オフィスの賃料相場もあわせてご紹介!

中村 優文(Masanori Nakamura)

目次

  1. 豊島区ってどんなところ?
  2. 豊島区のオフィス事情5選
  3. 豊島区の賃貸オフィスの賃料相場
  4. 豊島区のオフィス事情を参考に移転を検討しよう!

豊島区ってどんなところ?

豊島区は東京の西北部に位置する副都心です。多くの超高層ビルが立ち並ぶ街で、人口密度が日本の地方自治体の一位となっています。


豊島区の行政エリアは池袋エリアで、豊島区役所やハレザ池袋などがあります。また、学生エリアもあり、立教大学などの多数の大学があります。また、おばあちゃんの原宿と呼ばれる「巣鴨」というエリアもあり、豊島区は多様な面を持ち合わせた地区となっています。

東京23区の北西部に位置する

豊島区は東京23区の北西部に位置しています。一時人口減少が続き、消える自治体の消滅都市ランキングに入ったこともあり、「豊島区消える?」などの見出しで、報道されることもありました。


しかし、豊島区は危機に感じ、女性の定住率の増加を図るための施策を打ち出したこともあって、人口は増加に転じ、令和3年4月1日現在、約286,596人を誇る日本でも有数の大都市となっています。


出典:令和3年4月1日現在(注釈)住民基本台帳による|豊島区役所
参照:https://www.city.toshima.lg.jp/070/kuse/gaiyo/jinko/index.html

ジャパニーズカルチャーの街

豊島区はマンガ・アニメの街と言われています。手塚治虫や藤子不二雄などが青春時代を過ごしたトキワ荘があった場所であり、現在はトキワ荘通りとして整備されています。


また、漫画家の横山光輝が45年間、居を構えた地域でもあり、その場所も観光スポットとして有名です。


サンシャインシティ前には通称「乙女ロード」があります。この場所にはマンガやアニメ関連のショップが立ち並び、若い女の子たちでにぎわっています。


出典:2014年度豊島区立郷土資料館・ミュージアム開催準備グループ事業予定|豊島区
参照:https://www.city.toshima.lg.jp/129/bunka/bunka/shiryokan/kankobutu/kataribe/documents/kataribe112.pdf

豊島区のオフィス事情5選

豊島区のオフィス事情は、とても良好なものとなっています。超高層ビルが立ち並ぶ東口には大きなオフィスがたくさんあり、有名な大企業が数多くあります。


また、西口には、中小の事務所がたくさんあり、志のあるスタートアップなどが多数入っています。緑の多い公園などもあります。


豊島区の特徴的なオフィス事情5選を挙げてみました。参考にしてください。

1:アクセスが良い

豊島区には多くの電車や列車が乗り入れます。合計で8つの路線が池袋駅に乗り入れています。例えば、山の手線や埼京線、丸の内線や有楽町線、副都心線などです。


以前は埼玉から東京に来る人の玄関口として池袋駅は有名でした。しかし、近年はJR新宿湘南ラインのおかげで、神奈川方面との繋がりも良くなっています。

2:池袋東口はステータスが高い

池袋東口には多くの高層ビルがあり、たくさんのオフィスがあります。ビル自体がとても大きいので、ワンフロアの延床面積も大きいです。その結果、そこに入るのは大企業ということになります。ですので、ここにオフィスを構える、ということはある種のステータスになります。


池袋には多くの商業施設や歓楽街などがあり、エンターテインメントの街として有名でした。しかし、近年の再開発をきっかけに池袋は生まれ変わりつつあります。その結果、オフィスも増え、ビジネス街として発展しつつあります。

3:子供と女性に優しい街

豊島区は日本創生会議で「消滅都市」に指定されたため、女性と子供にやさしい街づくりを心掛けています。


待機児童の問題を解消するために、認可保育園の誘致を進めた結果、2017年4月には待機児童0を達成しました。


また、豊島区には多くの公園があり、「ともに育つ公園」をコンセプトに、移動遊具の設置や、コーヒーや本を積んだパートトラックなどの設備も充実させています。


出典:子どもをもっと育てやすいまちに!待機児童ゼロを達成|豊島区役所
参照:https://www.city.toshima.lg.jp/toshimanow/index/fcf.html

4:池袋西口は文科系の企業が多い

池袋西口には文科系の企業が多いのも特徴です。池袋は「オタクの聖地」を目指しており、そういった関連からも文系の企業が多く集まっています。


池袋全体を通してみれば、高層のビルが多いですが、池袋西口は低層のビルが多くあります。比較的空室率も高く、賃貸のオフィスを手頃な値段で借りることができます。その結果小さなオフィスを使用する中小の企業が多く集まっています。

5:落ち着いたビジネス環境

池袋西口は落ち着いたビジネス環境が特徴です。例えば、緑の豊富な「豊島区立元池袋史跡公園」などがあります。その他にも校舎が緑に覆われた「立教大学」などがあり、ビジネスマンが休息を取るのに最適な場所が多数あります。


また、西口のオフィス事情は、賃料の安い中小の事務所が多数あるため、スタートアップなどにも人気です。その結果、自由な雰囲気のあるビジネス街となっています。


また、西口には高級住宅地で知られる目白などがあります。閑静な地域なので、静かに仕事に取り組みたい、という方にはお勧めです。また、西口には「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる巣鴨もあります。落ち着いた雰囲気のなか仕事ができます。

豊島区の賃貸オフィスの賃料相場

豊島区には、大小様々なオフィスがたくさんあります。賃料の相場は、他の副都心である新宿などに比べると比較的に安く借りることができます。


20~40坪で約15,000円前後、40~60坪で約17,500円前後、60~100坪で約18,000円前後、100坪以上で約23,000円前後となっています。


豊島区のオフィス事情の賃料相場は値下がり傾向にあります。

豊島区のオフィス事情を参考に移転を検討しよう!

豊島区は大きなビルが立ち並ぶ、東京でも有数のビジネスの街です。ですので、借りることのできるオフィス物件もたくさんあります。


大企業が連なる東口の大型オフィスから、西口の中小の賃貸事務所など、豊島区はオフィスを構えるにはもってこいの場所です。


豊島区のオフィス事情を参考に移転を検討してみてはいかかでしょうか。

監修

執筆者
中村 優文(Masanori Nakamura)
経歴
早稲田大学大学院卒業。大学院時代では未踏スーパークリエータに認定される。その後、三菱地所に入社し物流施設のアセットマネジメントや営業に従事。 不動産業界の知見とエンジニアリングの知見両方を持ち合わせており、estie proのプロダクトマネジャーとして活躍。 フットワーク軽く社内イベントをよく開催する。
オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード 賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう
賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード

東京23区から探す

新着記事

75,817 物件掲載中!

オフィス探しを始める (無料)