「新宿ガーデンタワー」緑豊かな街中の超高層複合ビルに迫る!

  • エリア別のオフィス事情
  • 新宿区
  • 2020/10/09

束原 悠吾(Yugo Tsukahara)

みなさんは「新宿ガーデン」ご存知でしょうか?新宿ガーデンは住友不動産がJR山手線高田馬場駅の南側で行った開発プロジェクトです。今回はその中でも圧倒的な存在感を放ち、この事業の中核である超高層免震タワー「新宿ガーデンタワー」をご紹介します。

新宿ガーデンタワー基本情報

新宿ガーデンタワーは、2~22階がオフィス、24~37階が高級賃貸住宅「ラ・トゥール新宿ガーデン」から成る超高層複合ビルです。新宿ガーデンタワーの基本情報は以下の通りです。 名称 :住友不動産新宿ガーデンタワー 住所 :東京都新宿区大久保3-8-2 竣工 :2016年3月 高さ :159.65m 階数 :地下2階、地上37階 敷地面積 :16,820.18 m2 延床面積 :142,569.14m2 建築主 :住友不動産 アクセス :JR線・西武新宿線「高田馬場」駅 徒歩5分、東京メトロ東西線「高田馬場」駅 徒歩6分、東京メトロ副都心線「西早稲田」駅 徒歩7分

緑あふれる環境都市

新宿ガーデンは土地の高度利用によってできたスペースを大規模な空地や緑地として設けています。その広さは敷地面積の3分の2にも当たる約1.5haとなっています。敷地内のオフィス、レジデンス、イベントホール、芝生公園などの複合施設は公園の遠路で繋がっており、自然を感じることができます。また、隣接する都立戸山公園と相互作用をするような緑豊かな街づくりを実現してきました。緑であふれる芝生広場や緑陰空間は環境負荷の低減によりヒートアイランド現象を緩和するだけでなく、地域の方や働き手にとっての憩いの場としても活躍しています。

災害発生時に地域に信頼を与える新宿ガーデンタワー

新宿ガーデンタワーはこのエリアの周辺部の建物と比較してかなり高層となっています。そのため、災害発生時には、避難場所の目印として地域の人に安心を与える役割を果たしています。 また、新宿区は災害時多くの帰宅困難者が発生すると予想されるエリアとなっています。そのため、新宿ガーデンは敷地全体として、帰宅困難者が一時滞在できる施設としてイベントホールを地域に開放していたり、安否情報の確認等を行うためのWi-Fiどの通信機器も整備しています。他にも、空地や防災倉庫、マンホール直結型トイレなども設置されており、新宿ガーデンは避難場所としての機能に持ち合わせています。

最先端のスペックを持ち合わせるオフィス

新宿ガーデンタワーは、JR山手線、西武新宿線、東京メトロ東西線、副都心線の4路線が利用可能で交通の便に優れています。そして、BCP(事業継続計画)対応も高く評価されています。タワー棟は地震の揺れを低減する免震構造になっている他、本線からの送電が止まっても予備線から受電可能な仕組みやオフィス階にはテナント専用の防災倉庫が設置されています。また、基準階面積820坪、室内に柱型のない整形無柱空間となっており、自由かつ効率的なレイアウトを可能にします。他にも最新設備で環境に配慮するなど新宿ガーデンタワーは非常に高いスペックを持ち合わせています。それではそんな新宿ガーデンタワーのオフィステナントをご紹介します。 4階 ジェイエムエス 4階 JCBカードセンター 5階 JCB 6階 JCB 4階 JCB 7階 JR東日本情報システム 8階 JR東日本情報システム 12階 オリックス生命保険 13階 エルズサポート 13階 フジテックス 13階 分子生理化学研究所 13階 毎日サービスネットワーク 13階 丸紅情報システムズ 13階 ホームネット 13階 オリックス生命保険 14階 丸紅情報システムズ 20階 NTTデータ 21階 JR東日本テクノロジー 22階 鷺宮製作所

終わりに

いかかでしたでしょうか。新宿ガーデンはオフィスエリアとしてだけでなく、イベント交流や災害時にも役立つ素晴らしいエリアとなっています。そしてそのエリアの目玉で、自然と調和している新宿ガーデンタワーは、高いスペックで人気の物件となっています。これを読んで新宿ガーデンタワーの魅力が少しでも伝わっていれば幸いです。 新宿のオフィスを探す


新宿のオフィス事情について

L字型のオフィスビル「新宿エルタワー」

新宿エルタワーは平成元年という節目の年に誕生しました。オフィスビル不足により、高層ビルなどの開発が様々なところで行われていた時代に、朝日生命保険・三和銀行(現三菱UFJ銀行)・サッポロビールがそれぞれ所有していた駐車場や貸しビルの敷地を合わせて一致団結して開発されました。

オフィスだけじゃない!「新宿アイランドタワー」

おそらく一度は目にしたことがある「LOVE」のモニュメント。映画やドラマでもよく出てくるほか、待ち合わせスポットとしても定番ですね。「V」と「E」の間を恋人と手を繋ぎながら通り抜けると恋が実る、というジンクスもあるそうです。そんなロマンチックなスポットですが、実は日本有数のオフィス街西新宿を代表するオフィスビルの一つ、「新宿アイランドタワー」の敷地内にあるのをご存知でしたか。今回はオフィスに限らず、様々な都市機能を併せ持つ、「新宿アイランドタワー」をご紹介します。 



監修

執筆者
束原 悠吾(Yugo Tsukahara)
経歴
上智大学法学部卒業後、三菱地所に入社し経理部で連結決算やM&Aを担当。その後Rockefeller Groupに出向し、米国でオフィスや物流施設をはじめとした不動産投資に従事。 estieではコーポレート業務とビジネスサイドのセールスやマーケティングを兼務。 趣味は家探しで、物件情報を見るのが好き。

おすすめ物件

もっと見る

新着記事