品川区のオフィス事情とは?賃料相場と路線から見る周辺環境もあわせてご紹介!

平井 瑛(Ei Hirai)

目次

  1. 品川区ってどんなところ?
  2. 品川区のオフィス事情4選
  3. 品川区の賃料相場4つ
  4. 品川区の路線から見る周辺環境
  5. 品川区のオフィス事情を参考に移転を考えよう

品川区ってどんなところ?

品川区は、東京湾と港区・目黒区・大田区に囲まれ、一部は渋谷区にも隣接しています。都内の駅の中でもアクセスの集中する品川駅があるため、新幹線を利用した移動に便利である他、JR各種の路線や、私鉄等各種路線が集中して張り巡らされています。


新宿駅・東京駅・渋谷駅といった主要駅へもアクセスが良く、また、羽田空港へも近く、国内外への移動もしやすいため、こうした交通の利便性を目当てに企業やオフィスが多いのも特徴です。


一方、地域によっては住居向きのエリアもあります。品川区は治安も良く、子育て世代にも好まれています。

品川区のオフィス事情4選

品川区をオフィス街エリア・商業エリア・工業エリア・高層マンション群エリアの4つのエリアに分けた場合の、それぞれのエリアのオフィス事情について解説します。


各エリアの所在地や特色を捉えながら、どういった事業や業種が多いのかについても触れていきます。

1:オフィス街エリア

品川駅周辺は複数路線が乗り入れているため特に利便性が高く、大手企業の本社オフィスが多く集まるエリアになります。品川駅周辺以外にも、大崎や五反田にもこうしたオフィス街が集中しています。


品川区のオフィス街エリアのオフィス事情は、近年新しい路線や駅も増えたことにより、益々利便性が高まっていますが、六本木や丸の内といったオフィス街に比べると、賃料は控えめですが、需要も低めといった傾向があります。

2:商業エリア

品川区には、目黒のさんま祭りで有名な目黒駅前商店街や、商店数が約400軒になる戸越銀座商店街など、有名な商店街があります。こうした商業エリアは住宅地に近いエリアだけではなく、オフィス街の中にも存在しています。


また、ターミナル駅や区内の主要駅には、駅ビルが大きな商業施設になっていることも多く、商業エリアとオフィス街エリアが隣接していることも多いです。商業エリアのオフィス事情としては、商店街に近いエリアでは、中小規模のオフィスが多いのが特徴です。

3:工業エリア

元々東海道の宿場町として栄えた品川は、海に面した地の利と、早くから鉄道路線が通り、交通の利便性が良かったため、工業エリアとして栄えてきました。特に、品川区は京浜工業地帯の発祥の地であり、現在でもこうした企業が集まっています。


品川区の主な工業エリアは、東京湾近くに集まっています。このエリアは、海や羽田空港に近く、また、高速道路も整備されているため、輸出入や製品の輸送がしやすいのが利点です。東京湾沿いの工業エリアにおけるオフィス事情は、主要駅に比べると盛んではありません。

4:高層マンション群

品川区は、東京都内でも比較的高層マンションが多いです。港区や江東区などでも、東京湾に沿った湾岸エリアは高層マンションが多く人気ですが、品川区では少し内陸に入った目黒川沿いの高層マンションが人気です。駅名では、五反田や大崎のエリアになります。


こうした品川区の高層マンション群のあるエリアのオフィス事情は、駅周辺にオフィスと高層マンション群が立ち並ぶように再開発されているという特徴があります。

品川区の賃料相場4つ

品川区のオフィスの賃料相場について、大型・中型・小型・小規模ビルの4つの建物の規模に分けて紹介します。記載する坪単価には、共益費等も含まれています。


賃料相場を参考に、最適なオフィスを探してみましょう。

1:大型ビルの場合

フロア面積100坪以上の大型ビルの、品川区のオフィス賃料相場を紹介します。人気のオフィスエリアである目黒・五反田・大崎駅周辺では、1坪当たり約22,000~26,000円が賃料相場です。


一方、近年開発が進み、おしゃれなエリアとしても人気が高まっているシーサイドや天王洲では約19,000~21,000円、商業や住居エリアも多い大井や戸越では約13,000~20,000円となっています。


オフィスに人気のエリアでは、オフィスビルの数自体も多いため、選択肢も増えますが、大井や戸越エリアでは、こうしたオフィス向けの大型ビル自体が少ないため選択肢は少なくなってしまいます。

2:中型ビルの場合

フロア面積50~100坪の中型ビルの、品川区のオフィス賃料相場を紹介します。目黒・大崎・五反田エリアでは1坪当たり約19,000円、シーサイド・天王洲エリアでは約17,000円、大井・戸越エリアでは約14,500円となっています。


この規模のビルは、やはり人気の高いエリアの方が、選択肢も多く賃料も高い傾向がありますが、大井・戸越エリアでも、この規模の物件になると、大型ビルに比べて選択肢は増えてきます。

3:小型ビルの場合

フロア面積30~50坪の小型ビルの、品川区のオフィス賃料相場を紹介します。目黒・大崎・五反田エリアでは1坪当たり約17,500円、シーサイド・天王洲エリアでは約11,000円、大井・戸越エリアでは約14,000円となっています。


この規模のビルは、シーサイド・天王洲エリアには少なく、逆に大井・戸越エリアでは多くなります。小型ビルを探している場合には、品川区内でもオフィスを探すエリアを広げてみるのがおすすめです。

4:小規模ビルの場合

フロア面積20~30坪の小型ビルの、品川区のオフィス賃料相場を紹介します。目黒・大崎・五反田エリアでは1坪当たり約17,000円、シーサイド・天王洲エリアでは約14,000円、大井・戸越エリアでは約13,000円となっています。


この規模のビルは、各エリアに同じくらいずつ存在していますが、中型や大型のビルに比べると、ビルの数自体が少ないのが特徴です。

品川区の路線から見る周辺環境

数々のJR各線・私鉄各線が乗り入れ、モノレールも走り、内陸側から湾岸エリアまで路線が走っている、利便性の良い品川区ですが、今後は更に路線が増えます。


品川駅と隣の田町駅(港区)の間にできる高輪ゲートウェイ駅は、東京オリンピックに合わせて開業しました。また、将来的には品川と大阪を1時間で結ぶリニアモーターカーも開業予定です。


新駅の誕生に伴い、新しく建設されるオフィスは、現代の需要に合った最新のものになるでしょう。今後ますます品川駅が巨大ターミナル駅となり、品川周辺の利便性が高まることが期待されています。

品川区のオフィス事情を参考に移転を考えよう

品川区は、陸・海・空、それぞれの交通の利便性の良さに加え、今後新駅や新たな路線の誕生で、オフィスの需要も高まると予想されています。紹介したビルの規模やエリアのオフィス事情を参考に、品川区への移転を考えてみましょう。

監修

執筆者
平井 瑛(Ei Hirai)
経歴
東京大学経済学部卒業後、三菱地所入社。三菱地所の海外事業、オフィスビル賃貸営業を経て、2018年12月にestieを共同創業。 estieでは代表取締役として不動産業界に関わる深い知識から様々なサービス開発に関わる。趣味は靴磨きで、社員の靴までも磨く。 【執筆】『ビジネスイノベーションスペースの新たな潮流とその経済価値』(一般財団法人日本不動産研究所 不動産研究第61巻第1号 特集;シェアリングエコノミーと不動産市場)
オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード 賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう
賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード

東京23区から探す

新着記事

69,564 物件掲載中!

オフィス探しを始める (無料)