渋谷ストリームを大解剖!Googleの新オフィスをのぞいてみよう

中村 優文(Masanori Nakamura)

stream

これまで「渋谷スクランブルスクエア」「渋谷フクラス」をご紹介してきましたが、今回はいよいよGoogleの新本社も入居する渋谷ストリームについて調べていきます!


渋谷区のオフィスを探す

渋谷ストリームとは?

近年IT系スタートアップの集約が加速し、空前の再開発ラッシュが続く渋谷エリアでも一際特徴的なこのビル、皆さんも一度は目にしたことがあるかもしれません。

logo

出典:SHIBUYA STREAM - ABOUT

基本情報

名称 :渋谷ストリーム 住所 :東京都渋谷区渋谷3丁目21-3 竣工 :2018年8月 開業 :2018年9月13日 高さ :約180m 階数 :地上35階、地下4階 敷地面積 :約 6,600㎡ 延床面積 :約 116,000㎡ 事業者 :東急株式会社 他

map

出典:SHIBUYA STREAM - ABOUT

旧東横線渋谷駅ホームの跡地に新たな「聖地」を

渋谷ストリームが開発された場所は、実は旧東横線渋谷駅のプラットホームの跡地でした。2012年のヒカリエ開業に始まり、2013年の東横線渋谷駅の地下化を経て、渋谷駅の東南にできた細長い敷地(もともと駅だった名残でもある)に建設されたのがこの渋谷ストリームです。

渋谷ストリームのコンセプトは、人も川も時間も流れる「クリエイティブワーカーの聖地」。隣接する渋谷川の再生による景観保全を始め、渋谷駅から駅の南側エリアに向けて人がスムーズに流れるよう「アーバン・コア」と呼ばれる渋谷独特の谷地形を克服するための縦導線(エレベータ / エスカレーターコア)が設けられています。

外装も大小様々なパネルを組み合わせ、並べることで、地表から空に向かって流れるようなデザインとなっており、まさに「ストリーム」という名称にぴったりな見た目となっていますね。

外観

引用:SHIBUYA STREAM - 渋谷ストリームについて

また、各フロアの内訳は以下の図の通りです。

フロア

引用:SHIBUYA STREAM - FACILITIES

14-35F :オフィス(Google Japan) 4,9-13F :ホテル(東急ストリームエクセルホテル東急) 5-6F  :カンファレンスルーム・インキュベーションオフィス 4-6F  :ライブ・イベントホール 1-3F  :商業・レストラン

オフィスはGoogleが一棟借り

渋谷ストリームのオフィス部分にはGoogleが事実上の一棟借りで入居しています。これまでは六本木ヒルズに居を構えていたことで知られていますが、IT企業の集積地である渋谷にテックジャイアントが移転するということでIT界隈ではビッグニュースとして報じられました。

google

引用:Google Japan Blog

Googleは本社内装にもこだわったオフィス作りをするのが大きな特徴です。利用しているオフィスフロアの丁度真ん中に位置する24Fには大きな食堂があり、朝昼晩異なったメニューで料理が提供される上、他のフロアにもコーヒーバーラーメンスタンド、低層階にはジムとシャワールームまで完備されており、一度出勤すると中々外に出たくなくなるような機能がたくさん盛り込まれています。

google

出典:Google Japan Blog

- Google新本社内部 この階段を上ると社員食堂がある


社内での交流を図り、より強いチームワークを生み出す意味でも、社員が積極的に社内に留まるインセンティブが生じるような機能には積極的に投資しているのかもしれませんね。

渋谷ストリームの中でさらに特徴的なのが、Googleの運営する Google for Startups Campus と呼ばれるインキュベーション施設。Googleのオフィスエントランスのすぐ側に設置されたこの施設は、スタートアップ向けにワークスペースとコラボレーションの機会を提供する場となっています。

google

出典:Google Japan Blog

2020年初頭にもスタートアップ向けプログラムの募集が開始されるとのことですので、スタートアップの街である渋谷に一層ベンチャーが集まってくることでしょう。

商業フロア・周辺アクセス

最後に渋谷ストリームの商業フロアを紹介します。

st2

低層フロアに位置する商業・レストランエリアには和・洋・中に至る様々なジャンルのレストランが店舗を構えています。さらに隣の渋谷スクランブルスクエアとは遊歩道で繋がっているため、渋谷スクランブルスクエアでショッピングをした後に渋谷ストリームまでスムーズに移動することができます。

st3st4

- 奥に見えるのが渋谷スクランブルスクエア

渋谷スクランブルスクエアは今後も更なる開発を控えており、線路を挟んだ向かい側に位置する渋谷駅南側の桜丘口地区でも再開発を予定していることから、渋谷駅を中心として人の往来は今後も増加していくものと考えられます。これまでもこれからも、文化の中心であり続ける渋谷からは目が離せませんね!


その他の記事をまだ読んでいない方はこちらもチェックしてみてください!


渋谷ソラスタ(SHIBUYA SOLASTA)|最新のオフィス環境を紹介

突然ですが、皆様は道玄坂と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。若者の街渋谷のナイトライフでしょうか。いいえ、今一番注目なのは今年3月に竣工した、渋谷一帯の「100年に一度の再開発」を推進する東急不動産のフラッグシップビル「渋谷ソラスタ」です。働くワーカーの環境を最大限追求した最新鋭のオフィスビルを徹底解説します!

渋谷ヒカリエに迫る|知られざるオフィスの全貌を徹底解説!

今回は、渋谷再開発の端緒として2012年に開業した「渋谷ヒカリエ」に焦点を当ててご紹介します。商業施設には入ったことがあるけど、オフィスのことは知らないっという方も多いのではないでしょうか?

Otemachi Oneタワー(大手町ワンタワー)の入居テナントや豆知識を紹介

日本経済を牽引して来た先進オフィス街である大手町。オフィス移転先としても非常に人気の高いエリアです。2020年2月、皇居の正面玄関である大手町、その一等地に大手町最大級の再開発プロジェクトである「Otemachi Oneタワー(大手町ワンタワー)」が竣工を迎えます。建て替え前には三井物産のグローバル本社が所在していたことで有名な場所ですが、再開発後は一体どんな街になるのでしょうか?オフィス移転事例にも迫ってみたいと思います!

大手町ビルはITの最先端!?入居企業やコワーキングスペースを解説

先日「大手町のオフィス事情」でもご紹介した通り、丸の内と並んで日本有数のオフィス街である大手町。大手町にある古くから親しまれてきたビルでありながら、時代の最先端をいく、「大手町ビル」を今回は特集します!

六本木ヒルズ【必見】入居企業とビルの豆知識を解説

六本木のみならず、東京を代表するオフィスビルと言っても過言ではない六本木ヒルズ。東京のトレードマークとして映画やドラマでもよく出てくるため、実際に行ったことがなくても知っているという方も多いのではないでしょうか。今回誰もが見たことのある六本木ヒルズのオフィスビル情報と合わせて、意外と知られていない側面もご紹介します!


監修

執筆者
中村 優文(Masanori Nakamura)
経歴
早稲田大学大学院卒業。大学院時代では未踏スーパークリエータに認定される。その後、三菱地所に入社し物流施設のアセットマネジメントや営業に従事。 不動産業界の知見とエンジニアリングの知見両方を持ち合わせており、estie proのプロダクトマネジャーとして活躍。 フットワーク軽く社内イベントをよく開催する。
オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード 賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう
賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード

東京23区から探す

新着記事

71,839 物件掲載中!

オフィス探しを始める (無料)