働きやすいオフィス環境のポイント8つ|注目されるクリエイティブオフィス

中村 優文(Masanori Nakamura)

目次

  1. 働きやすいオフィスにする重要性
  2. 働きやすいオフィスにするポイント8つ
  3. 働きやすいオフィスにするために必要なスペース
  4. 従業員に寄り添った働きやすいオフィス環境にしよう

働きやすいオフィスにする重要性

会社の経営者としてオフィスを管理する人は、社員の創造力を豊かにするためにもオフィス環境を整えておくことが重要になります。


オフィス自体が綺麗でリラックスできる空間でないと社員同士の活気を高めることが難しくなり、良いアイデアを生み出したり、創造的に物事を考えることができなくなる可能性があります。そのため、オフィス環境を整えておくことは大切でしょう。

働きやすいオフィスにするポイント8つ

働きやすいオフィスを作るには業務内容に合わせた照明や家具を選び、部屋のレイアウトも業務にふさわしい型にする必要があります。


デスクや椅子なども機能的なものを選ぶようにし、社員同士がコミュニケーションを取りやすい位置にデスクを配置することが大切です。また、休憩スペースの設置なども十分な広さを用意して、リラックスできるようにすることが大事でしょう。

1:使いやすい家具を選ぶ

働きやすいオフィスにするためのポイント1つ目は、使いやすい家具を選ぶことが挙げられます。


コストが高くても高機能で使いやすい椅子やデスクをオフィスに置けば、長時間座って仕事をすることになっても疲れにくく、体への負担も減る可能性があります。従業員の健康を守ることにも繋がるでしょう。また、作業の生産性も上がる可能性があります。

2:用途によって照明を変える

働きやすいオフィスにするためのポイントの2つ目は、用途によって照明を変えることが挙げられます。


パソコンを使う頻度の高いオフィスには、電球の中でも明るいとされている昼光色を使い、パソコン作業の効率化を目指すことや、ミーティングスペースには暖かい色と認識されている昼白色を使うことで各業務の生産性を高めることが期待できます。

3:業務内容に合わせたレイアウトにする

働きやすいオフィスにするためのポイント3つ目は、業務内容に合わせたレイアウトにすることが挙げられます。


オフィスにフリーアドレス席を設け、社員が毎回違ったデスクに座れるようすることや、作業に集中してもらいたい場合はコミュニケーションを重視しないデスク配置を検討するようにしましょう。

4:休憩スペースは従業員のニーズを考慮する

働きやすいオフィスにするためのポイント4つ目は、休憩スペースは従業員のニーズを考慮することが挙げられます。


来客した取引先との仕事が多い社員は、休憩スペースで来客対応できれば時間と経費を削減できるでしょう。また、デスクワークの多いオフィスでは、運動できる空間を用意することで気分転換して仕事をすることができます。

ラウンジスペースの設置

社員のニーズを考慮しながら休憩スペースを設ける場合、ラウンジスペースの設置も検討しましょう。


ドリンクや軽食を取ることができたり、雑誌や本、体の疲れをほぐすためのチェアやアロマを焚いて香りを楽しむことができれば、オフィスであってもくつろげるので気分転換して仕事ができる場合があります。


社員の生産性向上という意味でも、ラウンジスペースの充実を図りましょう。

5:ミーティングスペースを作る

働きやすいオフィスにするためのポイント5つ目は、ミーティングスペースを作ることが挙げられます。


会議室のような堅苦しいイメージの空間ではなく、空きスペースなどに簡素な椅子やソファを用意し、社員同士で簡単な打ち合わせができるようなコミュニケーション空間を準備しましょう。


ミーティングスペースを設けておけば、気兼ねなく会話できるためスムーズに業務を進められます。

6:収納スペースだけでデスク選びはしない

働きやすいオフィスするためのポイント6つ目は、収納スペースだけでデスク選びをしないことが挙げられます。


デスク選びをする際は収納スペースの多さばかりに注視せず、椅子やデスクを利用する人の身長に合わせられるものや、座りやすさを重視した選び方をしましょう。


疲れやすいデスクや椅子だと業務に集中しにくくなる可能性があり、勤務自体が辛く感じてしまうことがあります。

7:マグネットスペースを作る

働きやすいオフィスにするためのポイントの7つ目は、マグネットスペースを作ることが挙げられます。


給茶機やコピー機、ゴミ箱などの機材をマグネットスペースとして一箇所にまとめるようにすれば、社員同士を会わせる機会を設けられ、マグネットスペースに集まった人たちで偶発的にコミュニケーションを取ることができます。

8:椅子選びは慎重に

働きやすいオフィスにするためのポイント8つ目は、慎重に椅子選びをすることが挙げられます。


椅子は、高さを調節できるタイプがおすすめです。また、椅子自体もクッション性の高いものを採用し、長時間座っていても疲れないものをオフィスの椅子として使うようにしましょう。


座り心地の良い椅子を選ぶことで、業務への取り組み方を改善することも可能です。

働きやすいオフィスにするために必要なスペース

働きやすいオフィスにするためには、ラウンジ要素のある休憩スペースを用意したり、社員の意見を取り入れて必要なスペースを新たに設けたりする必要があります。


オフィス自体がリラックスできる空間であることが大切です。また、社員同士のコミュニケーションを取りやすい場でないと効率よく仕事をすることが難しくなるので、現在のオフィスに欠けている事柄を見出し、必要となるスペースを増やしていくようにしましょう。

クリエイティブオフィスへの考え方

働きやすいオフィスにしたい場合、クリエイティブオフィスの考え方を導入することも検討しましょう。


クリエイティブオフィスは、気軽に会話できるミーティングブースや商品をプレゼンテーションできる空間を用意したり、自席で作業に集中できる環境を整えたりすることができるオフィスで、ICTの活用なども視野に入れた職場です。

従業員に寄り添った働きやすいオフィス環境にしよう

働きやすいオフィス環境を整えるために必要な事柄やポイントについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。


社員に寄り添ったオフィス環境でないと長時間働くことが難しくなったり、従業員の健康を損ねてしまうことがあるので、経営者となる人は社員の意見を集めながらオフィス環境を整える必要があります。


社員の生産性向上や一人ひとりの創造力を伸ばすためにも、社員に寄り添ったオフィス作りをしましょう。

監修

執筆者
中村 優文(Masanori Nakamura)
経歴
早稲田大学大学院卒業。大学院時代では未踏スーパークリエータに認定される。その後、三菱地所に入社し物流施設のアセットマネジメントや営業に従事。 不動産業界の知見とエンジニアリングの知見両方を持ち合わせており、estie proのプロダクトマネジャーとして活躍。 フットワーク軽く社内イベントをよく開催する。
オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード 賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう
賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード

東京23区から探す

新着記事

75,817 物件掲載中!

オフィス探しを始める (無料)