丸の内トラストタワーの魅力的なオフィス空間を紹介!【豆知識】

中村 優文(Masanori Nakamura)

皆さんは丸の内トラストシティをご存知でしょうか?丸の内トラストシティは東京駅八重洲口の北側にある高層ビル、「丸の内トラストタワーN館」と「丸の内トラストタワー本館」の2棟で構成されるオフィス空間です。日本政府観光局認定の案内所である観光インフォメーションセンターや様々な店舗を備えた「丸の内トラストタワーN館」と、ラグジュアリーホテル、シャングリア・ラホテル東京が備わる「丸の内トラストタワー本館」が連結しており、素晴らしいオフィス空間を提供しています。そんな丸の内トラストシティの魅力を解説していきます。

基本情報

丸の内トラストタワーN舘

名称 :①丸の内トラストタワー本館 ②丸の内トラストタワーN館 住所 :①東京都千代田区丸の内1-8-3 ②東京都千代田区丸の内1-8-1 竣工 :①2008年11月 ②2003年9月 高さ :①178m ②99.6m 階数 :①地下4階、地上37階 ②地下3階、地上19階 敷地面積 :12,026.77 m2(本館・N館合計) 延床面積 :①115,379.68m2 ②65,195.26m2 事業主体 :森トラスト アクセス :「東京駅」日本橋口より徒歩1分(JR線)・八重洲北口より徒歩3分(JR線)、「大手町駅」B7出口より徒歩2分(東京メトロ東西線・丸ノ内線・半蔵門線・千代田線/都営三田線)、「日本橋駅」A3出口より徒歩3分(東京メトロ銀座線・東西線/都営浅草線)(記載は全て本館までの時間)

丸の内のオフィス【今後の展望】事務所利用の特徴とメリット

日本を代表する企業が数多く名を連ねる名実ともに日本一のオフィス街である丸の内。今回はそんな丸の内エリアに迫っていきたいと思います。

高機能オフィス空間を提供する「トラストシティ」

丸の内トラストシティは森トラストが東京駅近くで高機能のオフィス空間を提供しているオフィス空間です。森トラストは他にも仙台、御嶽山で「トラストシティ」を、京橋で「トラストタワー」を展開しています。それぞれ、工夫が凝らされたオフィスだけでなく、ホテルや住宅、庭園なども交えたミクストユースの開発により、より働きやすく過ごしやすい空間を提供しています。様々あるトラストシティの中でも、日本の玄関「東京駅」に隣接する丸の内トラストシティにはどのような施設が併設されているのか見ていきましょう。

丸の内トラストシティ施設概要

丸の内トラストシティ建物外観


丸の内トラストシティには働きやすい環境を提供するために、機能性の高いオフィス空間以外にも様々な施設が併設していますので、それぞれを詳しく解説していきます。 シャングリ・ラ ホテル東京(本館27~37階) シャングリ・ラ ホテル東京は、世界的ホテルチェーンであるシャングリ・ラ ホテル&リゾーツの日本初のホテルで、丸の内トラストタワー本館、37階の最上階11フロアを占めています。東京駅に隣接しているため、新幹線等の利用の際も便利で、皇居、丸の内も徒歩圏内という非常に便利な立地です。 TCC丸の内(N館11階) TCC丸の内(トラストシティカンファレンス・丸の内)はバリエーション豊富な大小10を提供する貸会議室です。部屋の連結をすればスクール形式で210名収容可能にもなります。各会議室で調整可能な空調や喫煙ルーム、充実したインターネット環境、最新設備を完備し満足度の高い貸会議室となっています。 TIC TOKYO(N館1階) 観光インフォメーションセンターTIC TOKYOは、JNTO(日本政府観光局)および東京都認定の外国人観光案内所(観光案内窓口)です。「今、話題になっている情報」や「旅行者が必要とする情報」をパンフレットや動画など様々な形で情報発信しています。丸の内トラストシティは東京をはじめ日本全国の活性化や観光のサポートの拠点としても活躍します。 M LOUNGE(N館1,2階) 丸の内トラストシティには飲食店など豊富な店舗が揃った商業施設「M LOUNGE」も併設しており、オフィスワーカーをサポートします。N館2階を中心にイタリアン、和食、中華など様々なレストランがあるのでぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


丸の内トラストタワーN館募集情報をestieで見る


丸の内トラストタワー本館募集情報をestieで見る

終わりに

いかかでしたでしょうか。今回は、日本ビジネスの要塞ともいえる東京駅付近で、国際性、高機能を備えたオフィスビル空間である丸の内トラストシティを紹介しました。

その他、丸の内のオフィスについても紹介していますので、是非ご覧ください。


千代田区のオフィスを探す

新丸ビルを大解剖!丸の内のオフィス事情も徹底解説!

丸の内は東京駅と地下直結、大手町・有楽町と隣合わせのこの丸の内エリアには多くの大企業本社が居を構え、長い間日本の経済成長の中心地として発展してきました。「丸の内ビルディング(通称: 丸ビル)」と並んで丸の内の象徴とも言える、「新丸の内ビルディング(通称: 新丸ビル)」を紹介します!

丸の内再開発の始まりの地「丸の内ビルディング」

東京駅と皇居の中間に位置する丸の内は、まさに日本経済の中心地と言っても良いでしょう。今回は丸の内の現在を形作るきっかけとなったフラッグシップオフィス「丸の内ビルディング(丸ビル)」をご紹介します!


監修

執筆者
中村 優文(Masanori Nakamura)
経歴
早稲田大学大学院卒業。大学院時代では未踏スーパークリエータに認定される。その後、三菱地所に入社し物流施設のアセットマネジメントや営業に従事。 不動産業界の知見とエンジニアリングの知見両方を持ち合わせており、estie proのプロダクトマネジャーとして活躍。 フットワーク軽く社内イベントをよく開催する。
オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード 賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう
賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード

東京23区から探す

新着記事