会社の休憩スペースを快適にするためのポイント11選!設置するメリット6つも

束原 悠吾(Yugo Tsukahara)

なぜ会社に休憩スペースが必要?

企業を経営している人の中には、休憩スペースを設けることで社員にどのようなメリットを与えていくことができるのか、疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。


リラックスできる休憩スペースを設けるようにしないと、社員同士でコミュニケーションを取ることができなかったり、能率を上げながら仕事を続けていくことが難しくなるため休憩スペースを充実させていく必要があります。

会社の休憩スペースを快適にするためのポイント11選

では、会社の休憩スペースを快適な空間にしていくためには、どのような点に注意して休憩室を設置していけば良いのでしょうか。


雑誌や飲み物を利用できるようにするだけでなく、広い空間を休憩スペースとして選ぶ必要があり、周囲の音をシャットダウンできるような場所を選択しておくことが大切です。


また、ミニキッチンを併設しておいたり、休憩室に相応しい家具を置いて落ち着ける空間を演出していくことも大事なことになります。

1:一人当たりのスペースを広くとる

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの1つ目に一人当たりのスペースを広く取っておくことが挙げられます。


会社へ来客した人も休めるスペースとして活用する場合もあるので、リラックスチェアを置いたり、社員数を考慮しながら一人当たりのスペースを確保するように休憩スペースを作っていくことが大切です。

2:休憩スペースの場所に気を配る

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの2つ目に休憩スペースの場所に気を配っていくことが挙げられます。


執務室に近い場所に休憩スペースを設けてしまうと執務室から出入りする社員に会うことで気持ちが休まらないことがあったり、また、休憩スペース自体が勤務する場所から遠くなると移動が面倒になることから利用頻度が落ちてしまうので、慎重に休憩室の場所選びをしましょう。

3:開放感のある空間にする

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの3つ目に開放感のある空間にしておくことが挙げられます。


気分をリラックスさせるために休憩スペース全体にパステルカラーを使って室内を彩るようにしたり、流木などの天然の素材を用いて部屋を作るようにし、開放感がある空間を演出しましょう。


開放感を感じることができないと気分転換していくことが難しくなるので、室内で使用する家具も柔らかい雰囲気の物を選びましょう。

4:一人で過ごせる場所も用意する

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの4つ目に一人で過ごせる場所も用意しておくことが挙げられます。


休憩スペースの中に一人でリラックスできる空間を設けておくようにし、多くの社員が気分転換していける場所にしておかないと一人一人の業務の効率を上げていくことが難しくなります。


そのためにはパーテーションで区切った場所を設けておいたり、目に付きにくい場所に大きなソファを置くなどの工夫が必要です。

5:仕事場の音が聞こえないように防音にする

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの5つ目に仕事場の音が聞こえないように防音対策を施しておくことが挙げられます。


仕事場や会議室から仕事をしている人の声が聞こえてしまうと、音や声が気になって気分を休めることができないこともあるので、休憩スペースや会議室、仕事場のそれぞれに防音対策を行い、仕事の際の音や声が聞こえない工夫をしておきましょう。

6:カフェスペースを設置する

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの6つ目にカフェスペースを設置しておくことが挙げられます。


休憩スペースにコーヒーサーバーを設置しておき、気軽にコーヒーを飲めるようにしておけば休憩室に集った人たちで会話する機会を作ることができるので、社員同士でコミュニケーションを取っていくことができるようになります。

7:ミニキッチンを設置する

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの7つ目にミニキッチンを設置しておくことが挙げられます。


休憩スペースの中に給湯室ではなくミニキッチンを設置するようにし、その中にコーヒーメーカーを置くようにすれば社員は自分でお湯を沸かしコーヒーを淹れて飲むことができるようになり、そのコーヒーを淹れるまでの一連の作業が気分をリラックスさせる場合があります。

8:休憩スペースにふさわしい家具を設置する

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの8つ目に休憩スペースにふさわしい家具を設置しておくことが挙げられます。


休憩スペースに設置するソファやテーブルなどは柔らかい雰囲気を感じられるものを選び、壁紙もカラフルな色のものを採用するようにし、開放的な気分にさせてくれる家具を選択していくことが大切です。


また、ソファなどは座り心地を重視したものを選び、複数人座れるものを準備しておきましょう。

9:仕事場とは違う雰囲気のデザインにする

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの9つ目に仕事場とは違う雰囲気のデザインにしておくことが挙げられます。


休憩スペースを設置する際、執務室や仕事場と異なった雰囲気のデザインをしていかないと休憩室に来ても気分転換していくことが難しくなってしまうので、仕事場とは違った素材や色を用いて休憩スペースを作り上げていきましょう。

10:利用するときのルールを決める

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの10点目に利用するときのルールを決めておくことが挙げられます。


休憩スペースを設置する際、快適に過ごすため利用するときのルールを決めておくことも大切なことになります。


たとえば、コーヒーを飲んだ後にはコーヒー豆やお湯を補充しておいたり、リラックスチェアの一度の利用時間の制限を設けておき、快適に過ごしていくためのルールを作っておきましょう。

11:多目的に利用できるスペースにする

会社の休憩スペースを快適にしていくためのポイントの11点目に多目的に利用できるスペースにしておくことが挙げられます。


休憩スペースにある程度の広さを確保することができれば、モニターを設置しておき新商品のプレゼンテーションをすることができたり、仕事の後に打ち上げをする場所としても使うことができるようになるでしょう。


また、企業内にサークルがあればサークル活動の場とすることもできます。

会社に休憩スペースを設置するメリット6つ

ここからは実際に企業内に休憩スペースを設けたときに得られるメリットについて紹介していきます。


休憩スペースを設置することができれば気分転換していけるだけでなく社員同士のコミュニケーションも活発になるので、業務の作業効率を上げていくことにもつながります。


また、休憩室が充実していれば社員を大切にしている企業だと世間に認知してもらえるので会社の印象アップにつながり、優秀な人材を集めやすくなります。

1:会社内でのコミュニケーションを増やせる

会社に休憩スペースを設置することで得られるメリットの1つ目に会社内でのコミュニケーションを増やせる点が挙げられます。


過ごしやすい休憩スペースを設けることができれば、社内のさまざまな人が集うようになることから、社員同士のコミュニケーションが活発になるため人間関係を円滑にしていくことができたり、離職率を下げていくこともできるようになります。

2:リラックスできる

会社に休憩スペースを設置することで得られるメリットの2つ目に気分をリラックスできることが挙げられます。


職場に休憩スペースを設けておかないと業務の最中に集中力が途切れてしまったり、業務上の疲れを取り除いていくことができなくなってしまうので、気分をリラックスすることができず作業効率の低下につながることがあります。


一呼吸入れていくためにも、快適に過ごせる休憩スペースを設置しておきましょう。

3:会社の印象アップにつながる

会社に休憩スペースを設置することで得られるメリットの3つ目に会社の印象アップにつながることが挙げられます。


デザインに凝った作りの休憩スペースを設置することができたり、他の企業が実践していないオリジナルの制度を取り入れることができれば、社員を大切にしている企業として世間に認知してもらえるので会社自体の印象を良くしていくことができます。

4:アイディアが浮かびやすくなる

会社に休憩スペースを設置することで得られるメリットの4つ目にアイディアが浮かびやすくなることが挙げられます。


過ごしやすい休憩スペースを設けることができれば、社員の気分をリラックスさせながら仕事をさせていくことができるようになり、また、異なる環境に身を置くことで視点を変えて物事を考えていくことができるので、アイディアを生み出すための創造力を養うことができます。

5:満足度が高くなる

会社に休憩スペースを設置することで得られるメリットの5つ目に満足度が高くなることが挙げられます。


職場に快適に過ごせる休憩スペースを設けることができれば、気分をリフレッシュさせながら仕事をしていくことができるので社員の企業に対する満足度も高くなります。


社員の職場への満足度が高くなると作業効率が上がるだけでなく、離職率を抑えていくことにもつながるでしょう。

6:優秀な人材を採用しやすくなる

会社に休憩スペースを設置することで得られるメリットの6つ目に優秀な人材を採用しやすくなる点が挙げられます。


快適に過ごせる休憩スペースを用意することができれば、求職者や就職活動中の学生などに労働環境が整った企業としてアピールしていくことができるので、優秀な人材を集めやすくなります。

会社に休憩スペースを設置して快適に過ごそう

会社に休憩スペースを設ける際のポイントや得られるメリットについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。


快適に過ごせる休憩スペースを設置することができれば、社員同士のコミュニケーションを活発にするだけでなく、リフレッシュ効果も期待できるので業務の作業効率を上げていくことも可能です。


また、会社のブランディングの形成にも役立つため、優秀な人材を集めたり、離職率を下げていくことにもつながります。

監修

執筆者
束原 悠吾(Yugo Tsukahara)
経歴
上智大学法学部卒業後、三菱地所に入社し経理部で連結決算やM&Aを担当。その後Rockefeller Groupに出向し、米国でオフィスや物流施設をはじめとした不動産投資に従事。 estieではコーポレート業務とビジネスサイドのセールスやマーケティングを兼務。 趣味は家探しで、物件情報を見るのが好き。
オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード 賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう
賃貸オフィス・事務所をシンプルに検索しよう オフィス移転完全マニュアル無料ダウンロード

東京23区から探す

新着記事

71,839 物件掲載中!

オフィス探しを始める (無料)