大手町のオフィス事情

  • エリア別のオフィス事情
  • 千代田区
  • 2020/01/09

丸の内と並んで商社、政府系金融機関、メガバンク、マスコミなどの企業が本社や本店を構える日本を代表するオフィス街である大手町。その性質から平日は人にあふれていますが、休日は人が少ない街と言うイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、近年の再開発によってそんな街のイメージも大きく変わりつつあります。

今回はまだまだ発展途上とも言える街である大手町の魅力について迫って行きたいと思います。

人が住まない街?!生粋のオフィス街・大手町の特徴とは?

冒頭でも述べたように、大手町は日本屈指の大企業が軒を連ねています。多くのビジネスマンが行き交う街であり、昼間人口は10万人近くにもなると言われています。その反面、夜間人口は極端に少なく、そのギャップは非常に大きいです。実際、大手町を歩いてみても住居らしき建物を見つけることは難しいのではないでしょうか。

千代田区の資料によると総世帯数は3世帯、総人口は5人(出典:https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kuse/toke/cho-setai/cho-setair112.html)となっています。まさに大手町の土地柄を象徴するようなデータと言えますね。 そのほかの特徴としては、無機質なビル街とは対照的に、自然と歴史が街のいたるところに息づいていることです。大手濠緑地をはじめとして、皇居の周辺には豊かな自然が広がっています。江戸城の正門であり、大手町の名前の由来にもなっている大手門を訪れると江戸時代にタイムスリップしたような気分を味わうことができます。この両面性が大手町という街を形成しているのです。

進化がとまらない!大手町再開発

大手町といえば再開発が非常に盛んに行われている街です。古くからのオフィス街ということで、近年は老朽化したビルが増えており、他の地域以上に再開発の必要性が高い地域なのです。昔は皇居付近という土地柄故にビルの高さが規制されており、それほど高くないビルが多いオフィス街でしたが、その規制が緩和されたことで現在は超高層ビルが次々と建設されるようになりました。

東京駅近辺では2000年前後に丸の内から大規模な再開発が始まり、2010年代になるとその中心は次第に大手町に移っていきました。特に大手町エリアの再開発は大手町連鎖型都市開発プロジェクトと称され、合同庁舎の跡地に企業を移転させ、移転後のビルを建て替えるような移転と再開発のプロセスを断続的に繰り返す方法で進められています。再開発事業はオフィスの建て替えにとどまらず、商業施設やホテルなどを併設した複合施設として生まれ変わるケースが多いです。以下では再開発プロジェクトの中でも今注目のプロジェクトをいくつか紹介します。

常盤橋プロジェクト

常盤橋プロジェクトは上記の大手町連鎖型都市開発プロジェクトの第4弾として三菱地所が2015年に発表した再開発プロジェクトです。東京駅近くの大手町2丁目エリアに4棟のビルが建設される予定で、東京駅周辺エリアの中では最大の3.1haの大規模な開発事業であること、日本一高い390メートルのビル(B棟)が建設される点が特徴的です。2018年に着工したばかりで、全ての施設が完成するのは2027年予定という10年がかりの巨大プロジェクトです。称号施設やホテルの併設はもちろん、A棟とB棟の間には7000㎡の広場も建設予定でこれまでの東京駅周辺スポットとは一線を画するようなエリアになること間違いなしです。詳細はまだ公開されておらず、完成形がどのようなものになるか非常に楽しみです。

Otemachi One(オオテマチワン)

Otemachi Oneとは、三井不動産と三井物産が共同で企画する40階地下5階のOtemachi One Towerと地上31階地下5階の三井物産ビルの2棟からなる複合施設開発事業のことです。基本的にはオフィスビルが中心の内装になっていますが、それ以外にも様々な特徴を併せ持っています。三井物産ビルの地下コンコースにはレストランやクリニックなどの商業施設が併設されることはもちろん、大手町三井ホールという国際会議から音楽ライブまで幅広い用途で利用できる巨大なホールも完備されています。

また、Otemachi One Towerにはビル内で働くビジネスパーソン専用のサービススペースが用意されています。そしてなんといっても上層階にはラグジュアリーホテルであるフォーシーズンズホテル東京大手町が開業予定です。屋外テラス完備のレストラン、バーやプール付きスパまで用意されているというから驚きです。ビルの外にはOtemachi One Gardenという6000㎡もの広大な緑地広場が整備される予定で、屋外イベントなども模様される場所になるようです。

竣工は2020年の2月で、常盤橋プロジェクトよりも一足先に大手町の新シンボルとしてデビューする予定です。

終わりに

今回のコラムで大手町が平日の街というイメージはもはや昔のものになりつつあることがお分りいただけたのではないでしょうか。これからの大手町を語るにはこれまで通り日本経済の主要部を支える街としての顔とビジネスパーソン以外にとっても愛されるような街という両側面に注目していくべきだと言えますね。そんな大手町の変化をご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

他のエリアについても特集しているので、ぜひチェックしてみてください。

丸の内のオフィス事情

日本を代表する企業が数多く名を連ねる名実ともに日本一のオフィス街である丸の内。今回はそんな丸の内エリアに迫っていきたいと思います。

六本木のオフィス事情

既存の魅力もさることながら、2025年には六本木ヒルズのすぐ近くに高さ200メートルの超高層ビルが竣工するなど、その街としての魅力は留まるところを知りません。今回はこのように「ビジネス」「娯楽」「住居」と三拍子揃ったラグジュアリーな街・六本木のオフィス事情について解説していきたいと思います。

渋谷のオフィス事情

渋谷のオフィス事情について、どのようなオフィスが多いか、どのような業種の企業が集まるのか、などといった視点から、今後の動向までを解説したいと思います。

新宿のオフィス事情

インフラとビジネスの両面から日本経済で大きな役割を果たす新宿のオフィス事情について、そのオフィス街としての歴史を辿りながら、どのようなマーケットを構成しているか、どのような業種の企業が集まるのか、などといった視点から今後の動向までを解説したいと思います。

おすすめ物件

もっと見る

新着記事