みんなで価値創造に夢中になれる会社になりたい(なる)

これまでのキャリア 1社目 スタートアップで突然人事キャリアがスタート。戦略と人事制度の連動を体感 2社目 メーカーで伝統的な労務管理を通じて人事観が発芽した 3社目 リクルートで「個をあるがままに生かす」を体感し人事観が磨かれた なぜestieなのか ①…

AWS LambdaでUnable to import module ‘lambda function’: No module named ‘lambda_function’

前の記事で、Lambdaに自作プログラムをアップロードしたらエラーが出ました。この記事では、そのエラーを解決します Q. Unable to import module ‘lambda function’: No module named ‘lambda_function’って出たんですが… A. ハンドラを設定しよう エラーメ…

AWS LambdaへPythonコードをアップロード

前の記事で、AWS Lambdaで関数が実行できました。この記事では、自作プログラムをLambdaで実行しようとします。 ところで… Q. これ無料ですか?(もしかして手遅れですか?) A. 無料ではないけどめっちゃ安い そして、どのくらい時間とメモリを使ったのかも…

Rust、何もわからない... #4を開催しました

エンジニアの松本です。Rust、何もわからない... #4 (2022/10/06 19:00〜) を開催いたしました。 今回は株式会社エモーションテックから門田見 侑大さんにご登壇いただき、estieからは私とhige_yy (@kia5n_y2_mud) / Twitterが登壇しました。 それぞれのスラ…

AWS LambdaでPython実行

前の記事までで、プログラムに必要な部品は完成しました。この記事から、プログラムを定期的に実行します。 Q. 定期的にPythonプログラムを実行するには何を使えばいい? A. 例えばPythonファイルをAWS Lambdaに置いて… Q. AWS Lambdaって何? A. サーバーの…

Pythonで、Slackに投稿する方法

「これをSlackのメッセージの取得の次にやれよ!」という声が聞こえてきそうですが、ゆったりあちこちに手を出します。何をどういう順でやると良いのかも、慣れているから分かる問題です。分からなくても順番にやれば(手戻りが発生して時間はかかるかもしれ…

MeCabを使った575判定

前の記事で、形態素解析器を使って、日本語から読みを取得できるようになりました。この記事では、その読みが575かどうかを判定できるようにコードを書きます。 Q. 575判定はどうすればいい? A. 音を数えて、文節の区切れと575が一致するかを見よう 前回の…

Pythonを使った、形態素解析器での読みの取得

この記事から、能力2「文が五・七・五かを判定する」の獲得を目指します。 Q. 漢字の読みはどうやって見つけるの? A. 形態素解析器(例えばMeCab)を使うと見つけられる 松尾芭蕉の有名な「古池や蛙飛び込む水の音」を575だと判定するのは、大人の日本人に…

1分以内のSlackメッセージの取得

前の記事で、Slackのメッセージの取得できました。毎分動かそうと思うので、2分以上前のメッセージは必要ありません。そこで、この記事では1分以内のメッセージのみに絞って取得します。 Q. 毎分動かすけど、1分以内のメッセージだけにできない? A. oldest…

Pythonを使った、Slackからのメッセージ取得3/3

前の記事で、Slackのメッセージのtokenを手に入れました。この記事では、Slackのメッセージの取得に必要なもう一つの引数である、channelを手に入れ、Slackからメッセージを取得します。 Q. さっきのプログラムにtokenを貼ったら動く? A. まだ。チャンネル…

© 2019- estie, inc.