六本木ヒルズの知られざる側面!

  • エリア別のオフィス事情
  • 2020/01/22

六本木のみならず、東京を代表するオフィスビルと言っても過言ではない六本木ヒルズ。東京のトレードマークとして映画やドラマでもよく出てくるため、実際に行ったことがなくても知っているという方も多いのではないでしょうか。最近では屋上のスカイデッキが、映画「天気の子」でヒロインの陽菜が晴れを祈る舞台として使われたのが記憶に新しいところです。今回誰もが見たことのある六本木ヒルズのオフィスビル情報と合わせて、意外と知られていない側面もご紹介します!

なお、六本木のエリア情報は下記にまとまっていますので、合わせてご覧ください!

六本木のオフィス事情

既存の魅力もさることながら、2025年には六本木ヒルズのすぐ近くに高さ200メートルの超高層ビルが竣工するなど、その街としての魅力は留まるところを知りません。今回はこのように「ビジネス」「娯楽」「住居」と三拍子揃ったラグジュアリーな街・六本木のオフィス事情について解説していきたいと思います。

基本情報

ロゴ

出典:https://www.facebook.com/RoppongiHills.official/

名称       :六本木ヒルズ森タワー

住所       :東京都港区六本木 6-10-1

竣工       :2003年4月

高さ       :約238m

階数       :地下6階、地上54階建

延床面積  379,409㎡(約114,771坪)

事業者:森ビル

map

立地は六本木通り沿い、電車では東京メトロ日比谷線の1C出口から直結なっております。

開発の概要

全体で約11haの敷地面積を誇る六本木ヒルズは、東京の中でも最大級の再開発案件です。皆さんがよく目にする大規模タワーは正式には「六本木ヒルズ森タワー」という名称で、六本木ヒルズ全体は、5棟のオフィスビル、4棟のレジデンス、商業施設、ホテル(グランド ハイアット)、森美術館などの芸術文化施設、テレビ朝日、等によって構成されています。これだけでも一つの街と言っても過言ではないですね。

map2

出典:https://www.roppongihills.com/floor_map/ 地下や高層ビルも組み合わせながら、土地が限られた東京において、

真の人間の豊かさや、文化や、対話や、次の時代へのヴィジョンが生まれる都市づくりをする

という森ビルの掲げる「ヴァーティカル・ガーデンシティ(立体緑園都市)」を具現化した開発であるといえるでしょう。

意外と知られていない?!森ビルの意外な側面

今回は皆さんがよく知るオフィスビルなので、あえて皆さんが知らないかもしれない六本木ヒルズのトリビアを紹介したいと思います!

豆知識1:開発前は閑静な住宅街だった!?

2003年に竣工した六本木ヒルズですが、実は開発前は約400件の地権者が暮らす住宅街でした。木造低層住宅が密集して立ち並び、住宅街を道路は幅が狭く、街区内も15mを超える高低差があるような土地でした。そして、このような状況から火災等の緊急時に消防車が入れないなどの防災上の悩みを抱えていました。そんな中、森ビルが地元への呼びかけを始め、実に17年の歳月をかけて、今ある六本木ヒルズが誕生しました。 <開発前の航空写真>

航空写真

https://www.mori.co.jp/projects/roppongihills/background.html

豆知識2:テーマソングが存在する唯一のオフィスビル!?

実は作曲家の坂本龍一氏が六本木ヒルズの誕生を祝福して、六本木のテーマ曲『The Landsong〜music for Artelligent City〜』を作曲しています。テーマ曲が存在するオフィスビルは六本木ヒルズ以外にはないのではないでしょうか。聞いてみたい方は下記URLより聞いてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=iinse3mm0lE

豆知識3:外装デザインは甲冑がモチーフ!

外観

最も象徴的な六本木ヒルズ森タワーは世界的なアメリカの設計事務所Kohn Pederson Fox(KPF)によってデザインされており、折り紙や鎧兜をモチーフとして、幾何学的なデザインと空を見事に調和させています。

豆知識4:テナント専用のスタバがあった!?

現在はすでに閉店してしまったのですが、上層階を占める世界有数の証券会社ゴールドマン・サックスの貸室内に「スターバックスゴールドマン・サックス店」がありました。下に降りる時間も無駄、という徹底的に仕事に打ち込む姿の表れなのかもしれませんね。

入居テナント情報

フロアマップ

出典:https://www.mori.co.jp/office/japan/roppongihillsmt/siteplan.html

それでは恒例の六本木ヒルズ森タワーに入居しているテナント情報を見ていきましょう!

8F: アクロニスジャパン (IT)

8F: ポケモン (ゲーム)

9F: GREE (IT)

10F: 森ビル (不動産)

11F: SAS Institute Japan (IT)

12F: ポケラボ (IT)

12F: GREE (IT)

13F: GREE (IT)

14F: 森ビル (不動産)

14F: インベスコ・アセット・マネジメント (ファンド)

15F: amaten (IT)

15F: メジャース (広告・メディア)

15F: スマートリンク (コンサル)

15F: BPジャパン (エネルギー)

15F: グラニ (IT)

15F: IPsoft Japan (IT)

15F: CIBC World Markets (金融)

16F: テレビ朝日 (広告・メディア)

17F: ペンシル (IT)

17F: ガンパティーパブリックリミテッド (IT)

17F: ライブパーソンジャパン(IT)

17F: ブレイン (IT)

17F: アンジェロ・ゴードン (ファンド)

17F: カナフレックス (メーカー)

17F: 海外需要開拓支援機構 (ファンド)

17F: 日本自動車整備振興会連合会 (社団法人)

18F: メルカリ (IT)

19F: ラクサステクノロジーズ(IT)

19F: エアバス (運輸)

19F: タペストリージャパン (ファッション)

20F: ビッグモーター (自動車)

20F: Game With (広告・メディア)

22F: Klab (IT)

22F: TMI総合法律事務所 (弁護士)

23F: TMI総合法律事務所 (弁護士)

23F: アーキス外国法共同事業法律事務所 (弁護士)

25F: マイステイズ・ホテル・マネジメント (不動産)

25F: メルペイ (IT)

29F: フォートレスインベストメント(ファンド)

31F: Origami (IT)

31F: バークレイズ証券 (金融)

32F: バークレイズ証券 (金融)

33F: J-WAVE (広告・メディア)

34F: EGWアセットマネジメント(不動産)

34F: アドビシステムズ (IT)

34F: Riot Games (ゲーム)

34F: 青木科学研究所 (メーカー)

34F: UUUM (広告・メディア)

34F: イージフ (コンサル)

34F: 日本気象 (広告・メディア)

34F: リアライズコーポレーション (コンサル)

35F: Implementation (IT)

35F: エージェント・スミス (IT)

35F: テクノプロ・ホールディングス(人材)

35F: 本間ゴルフ (メーカー)

36F: Apple Japan (IT)

37F: ハズキカンパニー (メーカー)

37F: プリペット (IT)

37F: エーティーワークス (IT)

37F: UUUM (広告・メディア)

37F: One Tap BUY (金融)

37F: シークェンス (教育)

37F: プリヴェ企業再生グループ (ファンド)

38F: クルーズ (メディア・広告)

38F: アレン・アンド・オーヴェリー(弁護士)

39F: バイドゥ (IT)

39F: PopIn (IT)

39F: enish (IT)

40F: Apple Japan (IT)

41F: ゴールドマン・サックス証券(金融)

41F: ノキアソリューションズ&ネットワークス (IT)

42F: 森ビル (不動産)

45F: ゴールドマン・サックス証券(金融)

46F: ゴールドマン・サックス証券(金融)

47F: ゴールドマン・サックス証券(金融)

48F: ゴールドマン・サックス証券(金融)

(estie調べ、一部抜粋) ゴールドマン・サックスに代表される外資系の証券会社、Googleは抜けてしまいましたがまだまだ健在なApple、メルカリ、GREEなどのIT企業、Youtuberのプロダクションを手がけるUUUMなどのメディア企業が多いですね。5万坪を超える貸室面積を誇るため、多様なテナントが入居しています。

終わりに

今回は東京を代表する六本木ヒルズについて特集しました。竣工から20年近くを経てもまだまだ魅力の衰えない六本木ヒルズ。Googleが渋谷へ移転し、地盤沈下を危ぶむ声もありますが、その存在感はまだ健在です。ぜひそんな六本木ヒルズに足を運んでみてはいかがでしょうか。

丸の内再開発の始まりの地「丸の内ビルディング」

東京駅と皇居の中間に位置する丸の内は、まさに日本経済の中心地と言っても良いでしょう。今回は丸の内の現在を形作るきっかけとなったフラッグシップオフィス「丸の内ビルディング(丸ビル)」をご紹介します!

渋谷ストリームを大解剖!Googleの新オフィスをのぞいてみよう

Googleの新本社も入居する「渋谷ストリーム」について調べていきます!

おすすめ物件

もっと見る

新着記事